カテゴリ:レポート( 30 )
日常を劇場的に
エッセイ

text:ドイケイコ

c0103430_1114462.jpg














「THE BOOK OF THEATRE PRODUCTS シアタープロダクツのメソッド」
シアタープロダクツ・著、2007年 リトルモア


日常生活の中でファッションという言葉は良くも悪くも様々な意味で使われている。いずれにしても、聞き慣れた身近な言葉といえるだろう。以前から興味のある「シアタープロダクツ」は、そんなファッションと関わりが深いアパレル会社のひとつだ。

More
[PR]
by art-drops | 2007-02-03 11:18 | レポート
東京都写真美術館巡りin恵比寿
レポート

text:金子きよ子

c0103430_19433685.jpgみなさんは美術館や個展の情報をどうやって集めていますか?

私は「平日働いているんだから、休日くらいはおうちでダラダラしていたいなぁ。」なんて、ついつい情報集めも億劫になりがち。ところが、先日電車に乗っているときにこんな言葉が目に飛び込んできました。

「はじめに、ひかりが、あった」

写真に一言シンプルな言葉がそえられたその広告に惹かれ、本日恵比寿にある東京都写真美術館でやっている「光と影」展に行ってきました。

More
[PR]
by art-drops | 2007-01-28 22:22 | レポート
祝!世界進出(ヴェネチア・ビエンナーレだけど…)
レポート

text:U→

先日(1月12日)に渋谷のO-nestというクラブで《ドラびでお》のイベントがあったので、溜まっていた仕事を丸投げして19時に会場入りした。

More
[PR]
by art-drops | 2007-01-20 11:15 | レポート
ちがう世界?
エッセイ

text:谷屋

c0103430_20285662.jpg
アートとは何か?を探るのがartdropsの主な目的なのですが、
みなさん、どんなときにアートを感じますか。

アートを感じる瞬間は、何も作家さんの作品を観たときだけに限らないのかもしれない。例えば外国の景色やデコレーションの見事なケーキを見ても「アートだ」って感じるときはあるものです。

More
[PR]
by art-drops | 2007-01-12 20:29 | レポート
光とのたわむれ
エッセイ

text:ひらの

クリスマスが終わって、そこもかしこもツワモノドモガユメノアト。みんなゆっくりお正月モードでしょうか。でも、その前にやっておかなくてはならないのが大掃除。

More
[PR]
by art-drops | 2006-12-30 09:28 | レポート
大竹伸朗の魅力
エッセイ

text:ドイケイコ

c0103430_0524930.jpg













「ジャリおじさん」、大竹伸朗・著、1993年 福音館書店

初めて目にした大竹伸朗の作品は、絵本「ジャリおじさん」だったと思う。表紙に描かれた鼻先にチョロッとヒゲがある風変わりなおじさんがなんとも訝しく面白げで、手にとらずにはいられなかった。

More
[PR]
by art-drops | 2006-12-28 00:53 | レポート
不在の狂躁
レポート

text:U→

11月21日より12月24日まで府中市立美術館にて第三回府中ビエンナーレが行われている 。作品の詳細を述べるのは避け、飽くまで記者が作品と作品展示から何を受けたのかを書き留めることにする。
 

More
[PR]
by art-drops | 2006-12-20 01:14 | レポート
忘れられない作品
エッセイ

text:金子きよ子

2001年、東京オペラシティーアートギャラリーで、小谷元彦さんの作品「9th Room」を観た。

More
[PR]
by art-drops | 2006-12-18 07:00 | レポート
始まりはゴッホだった 
エッセイ

text:金子きよ子

c0103430_673296.jpg
ゴッホ「夜のカフェテラス」1888年

絵画との出会いは中学生の頃。母が近くの図書館から借りて来た画集を毎週夢中になって読んだ。ゴッホ、ルノアール、ピカソ、ルソー。画集には、作家の作品制作の時系列に添えて画家の歩んだ人生が解説されていた。画家や画家が生きた時代に思いを巡らすと、その時代にタイプトリップして、漂う空気の匂いまで感じられるような気がした。当時とりわけ好きだった画家はゴッホ。今にして思うと、独特の作風だけではなく、もともと画家ではなかった彼の数奇に満ちた運命に強く惹かれていたのかもしれない。

More
[PR]
by art-drops | 2006-11-13 23:18 | レポート
"Sehe ich recht ?"
コラム

text:U→

c0103430_141465.jpg








挿図1 ZAnPon Rampant Ram 2006年、22×18cm、紙にミクストメディア、justcomplex蔵

 先日、仕事で取引先の銀行からあるプレゼントを頂いた。といっても銀行のオリジナル袋。支店長のK氏曰く「いやぁ、うちもねアートに力を入れようと思って。やっぱ、アートですよ。これからは。-さんもアート知っとかないと」。種を明かしてしまえば、りそな銀行と大阪のラジオ局FM802が共同で立ち上げているプロジェクト《REENAL》の一環で配っている紙袋にZAnPonというアーティスト(図1)が取り上げられているのだ。どうやら、期間ごとに取り上げるアーティストが代わり、彼ZAnPonは第11回目。

More
[PR]
by art-drops | 2006-11-01 00:30 | レポート